あきた芸術村

田沢湖・角館・大仙・阿仁森吉エリア 
  • 写真:あきた芸術村1
  • 写真:あきた芸術村5
  • 写真:あきた芸術村2
  • 写真:あきた芸術村3
  • 写真:あきた芸術村4
  • 写真:あきた芸術村6
内容  あきた芸術村は、劇団わらび座の本拠地としてわらび劇場を中心に秋田県仙北市に展開するエンターテインメントリゾート施設です。人と文化の出会いと交流の場として、芸術・芸能・ホテル・温泉・工芸・郷土料理を丸ごと満喫できるリフレッシュゾーンとして親しまれ、 他には例のない"アート・ヴィレッジ(芸術村)”となっています。
 教育と文化の接点で取り組まれてきた「わらび座への修学旅行」は35年以上の歴史を持ち、通算30万人の子どもたちがあきた芸術村を訪れ、ソーラン節や農作業を体験してきました。豊かな自然の恩恵を受け、多彩な伝統文化を育んできた地で、誰もが感動と出会えます。
【体験内容】
・ミュージカル観劇と創作踊り教室
 公演中のミュージカルを観劇し、終演後、踊り教室「Newソーラン節」を体験します。俳優がインストラクターとなって、各クラスを一人ずつが担当し、それぞれの稽古場に分かれて約90分間、お腹の底から掛け声をかける、疲れた仲間を励ます、やる気のない仲間を引き立てる、そうして気持ちがひとつになる、クラスの仲間が一つになる踊りを一緒に作りあげます。一人ひとりが主役になってクラスがひとつになり、クラス毎のオリジナリティも楽しくアレンジされて、発表会を迎えます。事後の取り組みをされる学校さんも多く、キラキラと輝く笑顔があふれる体育祭や文化祭での発表を収めたビデオが毎年沢山届きます。
・農作業体験
 4~5人ずつに分かれて、田植えや稲刈り、畑仕事など農家の仕事全般の体験をしながら交流します。農家のお父さん、お母さんと一緒に汗を流し、一日の目標とした仕事をやり終えたときの充実感は、子供たちの様々な可能性を引き出してくれます。
・手作り体験
 あきた芸術村内にある森林工芸館で、木工品陶芸品、オカリナなどバラエティ豊かな世界でただ一つの「Made by myself」の手作り体験ができます。
市町村 仙北市
ジャンル

民泊・農業体験

伝統工芸体験

食文化体験

宿泊先で体験

SDGs
4.質の高い教育をみんなに
受入可能人数 300人
所要時間 1~3時間
料金(税別) 観劇:1,100円~ 踊り教室:1,500円~
農作業体験:2,500円~
手作り体験: 800円~
住所 仙北市田沢湖卒田字早稲田430
アクセス 盛岡ICから車で約1時間
お問い合わせ先名称 あきた芸術村
電話番号 0187-44-2500

あきた芸術村

お問い合わせ

ページの先頭へ