角館の武家屋敷通り

田沢湖・角館・大仙・阿仁森吉エリア 
  • 写真:角館の武家屋敷通り1
  • 写真:角館の武家屋敷通り2
  • 写真:角館の武家屋敷通り3
  • 写真:角館の武家屋敷通り4
内容 【江戸時代の都市計画】
風格ある武家屋敷のたたずまいと樹木との調和が美しいみちのくの小京都と呼ばれる角館は、江戸の趣と城下町の面影が色濃く残る歴史と文化の町で、様々なテーマでのフィールドワークが可能です。
【日本の学問再発見】
防炎技術が発達していなかった江戸時代、「火除け」と呼ばれる防火帯を設けたり、屋敷の周辺に木々を植えるなどして災害に備えました。町の至る所に残る当時の都市計画による工夫をたどってみましょう。
【文化を守る仕事に触れる】
日本初の西洋解剖学書「解体新書」の挿し絵を描いたのは、角館の武士「小田野直武」でした。当時、鉱山開発のために久保田藩に招かれた平賀源内から西洋画の技法を学んだ直武は、日本における西洋画の魁となった「秋田蘭画」という独自の画風を生み出しました。

角館の顔となっている武家屋敷もシダレザクラも、管理する人々の懸命な努力があったからこそ、今も変わらぬ姿で保存されています。暮らしを守りながら歴史的な町並みを保護していく工夫、その一端に触れてみましょう。
学習テーマ ・江戸時代に都市計画はあったの?
・武家屋敷が現代も残っているのは何故?
市町村 仙北市
ジャンル

歴史体験

自主研修

SDGs
4.質の高い教育をみんなに 11.住み続けられるまちづくりを 17.パートナーシップで目標を達成しよう
お問い合わせ先名称 仙北市交流デザイン課
電話番号 0187-43-3353

角館の武家屋敷通り

お問い合わせ

ページの先頭へ