伝統の神業「竿燈」修業

秋田中央・男鹿・鳥海エリア 
  • 写真:伝統の神業「竿燈」修業1
  • 写真:伝統の神業「竿燈」修業1
  • 写真:伝統の神業「竿燈」修業2
  • 写真:伝統の神業「竿燈」修業3
  • 写真:伝統の神業「竿燈」修業4
内容 270年以上前から続く秋田竿燈まつりは、東北三大まつりの1つで、国の重要無形民俗文化財に指定されており、毎年約130万人以上の観客を動員します。起源は、真夏の病魔や邪気を払う、七夕行事「ねぶり流し」といわれています。美しい町紋や社紋などが描かれた提灯が連なり、最も大きい竿燈は高さ12m、重さ50kg。この竿燈を手のひら、額、肩、腰などで上げる、力と技で魅せるまつりです。この体験では、まつりの起源、歴史の解説をはじめ、竿燈の組み立て体験やベテランの差し手による実演の見学、竿燈やお囃子(太鼓)へのチャレンジができます。秋田を代表するまつりについて学び、体験することで、伝統文化への関心を深めることができます。
市町村 秋田市
ジャンル

歴史体験

受入可能人数 50人(応相談)
所要時間 3時間30分
料金(税別) 一般:100円(引率者減免制度有)
高校生以下:無料
住所 秋田市大町一丁目3-30
アクセス 秋田駅から車で5分
受入先施設名 秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)
お問い合わせ先名称 秋田観光コンベンション協会
電話番号 018-824-1211
FAX 018-824-0400

秋田市民俗芸能伝承館

お問い合わせ

ページの先頭へ